2008年09月13日

「グーグーだって猫である」

160:20080909 18:40 新宿武蔵野館
↑は記録のための一応基本情報のつもりです。今年の160本目で、あとは日付、時間、映画館です。

さて...

原作は読んでいません。
身近な町、吉祥寺が舞台、ということもあって、楽しみにしていました。
小さいころのグーグーがかわいいし、上野樹里と森三中がいい味出して笑わせてくれます。特に前半は、吉祥寺のプロモーションビデオかと思わせる雰囲気もあります。楳図かずおが出てきたときには、ひっくり返りそうでした。そうです、彼は吉祥寺の風景の一部です。いせやも、本店工事中の撮影だったからかもしれませんが、井の頭公園店が使われています。

食事や、呑みのシーンもあって、これからも吉祥寺での飲食が楽しみになるような作品でした。

猫を中心とした、女性漫画家の生活がテーマですが、面白いだけでなく、それなりに重めのテーマも織り込まれています。
posted by たま at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19280537

この記事へのトラックバック