2008年09月15日

「幸せの1ページ」

193:20080914 11:00 TOHOシネマズ府中

原題は、Nim's Islandです。
ジョディ・フォスターが、キャンペーンで来日していましたが、主役は女の子のNim、あるいは、彼女の住む島です。
タイトルのとおりです。

ジョディは、サンフランシスコの住む作家で、アレックス・ローバーを主人公とする冒険小説を書いている。
アレックス・ローバーは、作家の名前アレクサンドラ・ローバーを基にして、著者としてはアレックス・ローバーを名乗っているのだ。つまり、フィクションではなく、自分の冒険をしたためていると誤解されることも...
しかし、外出恐怖症で、自宅の門にある郵便受けまで出るのも困難。

一方、何回の孤島に父子で住んでいるNimの世界は、毎日が本当の冒険。
お父さんは、海に出かけていくのだけれど、なかなか帰ってこない。
いろんな問題が島に迫る。

アレックスは、新作の取材でたまたま検索で見つけた、Nimの島にメールを打つ、不安になっていたNimはアレックスに助けを求め、彼女は決心して島に向かおうとするのだが...

自宅から島に向かうプロセスを中心にしてみれば、ジョディ・フォスターが主人公なんでしょうが、こちらは割りと予想可能な世界だと思います。Nimの世界の方が奇想天外で興味を引きます。12歳なのに、かなり大人です。
posted by たま at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19414027

この記事へのトラックバック