2008年09月15日

「パコと魔法の絵本」

165:20080914 16:20 TOHOシネマズ府中

実写のアニメーションの合成映像なんですが、実写部分もかなりの特殊メークなので、現実感がほとんど希薄な不思議な世界です。

病院とは思えない病院でのお話です。
意地悪で嫌われ者の大貫は、記憶が一日しか持たない女の子パコと出会い、彼女の記憶に残る何かをしたくなる。で、何をしたかというと、彼女が大切にして毎日、読んでは忘れている絵本を病院のメンバで芝居をすること。

病院にいるあくの強いメンバのそれぞれにいろいろな背景を描きながら、芝居の準備、そして芝居に進んで行く。

誰が、どんな役、というのをあげて言ったらキリがないのだけれど、みんなもともと個性のある役者が、さらに悪の強い役を演じています。

おもしろいですよ。
posted by たま at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19414544

この記事へのトラックバック