2008年09月16日

「ウォンテッド」

166:20080914 19:10 TOHOシネマズ府中

ビルの窓を突き破って跳躍しながら、撃つ、そして、拳銃の玉同士が衝突する衝撃的な予告編。

うだつのあがらないアカウントマネジャーは、突然、命を狙われる。そこに現れたのは、アンジェリーナ・ジョリー扮するフォックス。そして、暗殺組織に導かれる。

そこで聞かされるのは、失踪した父親もその組織にいたこと、そして、特殊な能力を持っているはずだということ。

そして、精神、肉体の改造を経て、指令のままに暗殺を繰り返す。

いよいよ、父の敵の対決することになるのだが...しかし、そこには大いなる陰謀が


秘密結社や、暗殺組織というのは、いったい世界中にいくつくくらいあるのだろう。
映画の中では、いろんなものが出てきます。
今回のは、織機のギルドが母体となって、その特色ある暗殺指令の伝え方があるのだけれど...

物理法則や環境の揺らぎまでなんとかしてしまう特殊能力っていうのは、ちょっと...

でも、十分に楽しめました。
posted by たま at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19445847

この記事へのトラックバック